最新の投稿
スキンケアをしている女性

ヒルドイドとは、ヘパリン類似物質を主成分とする医薬品です。医薬品ではありますが、怪我などのケアだけでなく、全般的なスキンケアを行うことができます。保湿、抗炎症、傷の回復など、複数の作用を持っているのが特徴です。また、使用した部位には血行が促進されることになります。このおかげで内出血などの治療にも使用されます。軽微なニキビ跡の場合は内出血になっているケースが多く、ヒルドイドを継続的に使用することで治せる可能性があります。

ヒルドイドの使い方は非常に簡単です。1日に数回患部やその周辺に塗るだけで問題ありません。ガーゼなどに伸ばして使うこともできます。ただし、怪我などによって傷口が露出しているときには塗り方に注意が必要となります。ヒルドイドには肌に刺激を与える成分が基本的に配合されていません。それゆえに医師の判断次第では赤ちゃんにも使用されることがあります。特にアトピー性皮膚炎などを発症しているときには肌のバリア機能が落ちていると考えられます。その際にヒルドイドを使ってバリア機能を回復させることが可能です。

それほど高い効果を持っているヒルドイドではありますが、価格はあまり安くありません。よって、継続的に使用していく場合には費用が大きくかかってしまうこともあります。そこでおすすめなのがジェネリック医薬品を使うということです。ジェネリック医薬品とは、先発の医薬品の特許が切れた後に販売される後発の医薬品のことを言います。後発の医薬品は先発の医薬品に比べて、開発費があまりかかりません。そのため、少し価格が安いという利点があります。ジェネリック医薬品を積極的に活用することにより、使用のコストを下げることができます。ヒルドイドのジェネリック医薬品はインターネット上でも販売されており、それほど購入に手間はかかりません。

中には、ジェネリック医薬品と先発医薬品では効果に差があるのではないか、と考える方がいる可能性があります。確かに先発と後発が100%同じ成分を使っているかと言えば、少し違いもあるのが実際のところです。しかし、薬の効果に大きな影響を与える部分はほとんど同じであるため、使用感の違いは極めて少ないとされています。中には新しい効果を付与しているジェネリック医薬品もあります。そのジェネリック医薬品にもさまざまな種類があるので、自分に合っているものを探すことが重要だと言えるでしょう。

ヒルドイドはその性質上、皮膚のバリア機能に不安がある部分に塗ることも少なくありません。それゆえに低刺激であることは必須とも言えるでしょう。ジェネリック医薬品を選ぶときには、刺激性のある成分が配合されていないかを確認しておくことが大切です。ヒルドイドのジェネリック医薬品の多くは使い方が同じになっています。しかし、中には使い方が少し異なるものも存在する可能性もあるので、新しい製品を購入した後は用法や用量を確認しておくことが重要となります。

軟膏、クリーム、スプレー、ローションなどの中から自分に合うタイプを選ぶことも大切です。伸ばしやすさを重視する場合はローション、浸透力を重視する場合は軟膏やクリームを選ぶことが有効となります。スプレータイプの場合は広範囲に一気に成分を塗布することができます。ジェネリック医薬品の中には処方箋なしに購入できるものもあります。一方、血友病や血液疾患などを発症している方はヒルドイドを使用することができません。自己判断で購入する際には、自分の体質にマッチするかを詳しく確かめておきましょう。これは赤ちゃんなど子供たちに塗ってあげる際にも同様です。刺激の少ない製品ではありますが、使い始めの頃は特に念を入れて慎重に扱うことも重要となっています。