• ホーム
  • メイク落としに手を抜くとお肌の負担が増える

メイク落としに手を抜くとお肌の負担が増える

2020年01月05日

メイク落としは時間や手間がかかることもあるので、ついつい手を抜いてしまうという方もいるのではないでしょうか。しかしながら、メイク落としで手を抜くと肌への負担を増やしてしまうことになります。それゆえに慎重に行うことが重要です。

メイク落としにおいて大切なのが、クレンジングと洗顔です。このどちらかのみを行ってメイク落としを完了している方も少なくありません。ところが、肌への負担を減らすためにはこの二つを両方とも行うことが重要となっています。なぜ両方とも行わなければならないのか、と思う方もいるかもしれません。その理由としてはクレンジングと洗顔の役割が異なることが挙げられます。クレンジングにはメイクでの汚れや毛穴汚れを落とす役割があります。クレンジングによって、水だけでは落としきれない汚れに対応することができます。洗顔には古い角質や皮脂、汗、ホコリなどを落とす役割があります。広範囲を一気にきれいにすることができるのがポイントです。

メイク落としを行う際には、まずポイントメイクから落としていくことが重要となります。アイメイクやリップメイクなど、少し落としにくい場所を先に落としていくことが大切です。これをしておくことにより、後のクレンジングで何度もこする必要がなくなります。ラメなどをたくさん使っている場合もポイントメイク落としは重要となります。目元や唇は摩擦をすることによって、ダメージを受けやすい場所とされています。それゆえ、必要に応じてコットンを使うことも有効と言えるでしょう。それが終わったら全体のメイクを落としていきます。手のひらで頬や額などの広い部分をケアしていきましょう。次に、指先で眉や目の際といった細かい部分へのケアを行います。最後にフェイスラインのメイクを落としてすすいだらクレンジングは完了となります。

クレンジングが終わったら洗顔を行います。洗顔を行うことによって肌のホコリや余分な皮脂などを洗い流すことができます。とはいうものの、クレンジング後の肌は少しデリケートになっていることに注意が必要です。クレンジング後に洗浄力の強い洗顔料を使うことで刺激が大きくなりすぎてしまうことがあります。よって、やや低刺激のものを使用するのがおすすめです。洗顔の際には適度に毛穴が開くようにぬるま湯を使用しましょう。自分に合ったクレンジング剤や洗顔剤を見つけることも非常に重要となります。洗顔後は必要に応じてローションなどで保湿を行います。

毎日メイクをしているという方にとってメイク落としは大きな負担になります。それゆえ、手間をかけずにサラッと終わらせてしまうというケースもあるかもしれません。そこで手を抜いてケアを怠ると、数年後、数十年後の肌によくない影響を与えてしまう可能性があります。従って、手間を我慢して、なるべく丁寧にメイク落としを行うことが重要となります。もちろん、高性能のスキンケア用品を使うことも有効と言えるでしょう。